不潔に思われる

加齢臭は、必ずしもお風呂に入っていないから、とか身体をよく洗っていないから発生するものではありません。毎日お風呂に入って、身体も洗っていても時間の経過や生活によっては加齢臭が発するものなのです。もちろん、対策次第ではニオイを軽減できるものですが、すぐに解消するということもなかなか難しいものです。
加齢臭のデメリットとしては、嫌なニオイがするイコール不潔、と思われてしまうという点にあります。本来は、前述のように、加齢臭がしているからといって、必ずしも不潔だからという訳ではありませんが、加齢臭についての正確な知識を持ち合わせている人も少ないので、どうしても加齢臭がする人は不潔だと思われてしまいます。不潔と思われることは間違いなくマイナスイメージしかありません。これが人間関係にも大きく影響しますし、仕事にも関わってくる可能性もあります。たとえば、不潔イコールだらしない、ということは、重要な仕事も任せられない、それが出世にも響いてくることもあります。そして最近は男性も晩婚化が進んでおり、30代後半でも結婚していない人は多いようです。これから新しい出会いを期待するという時に、加齢臭が出てくるようでは、やはり仲が良くなるという可能性は低くなってしまうでしょう。
実際、加齢臭対策としては、常に清潔に保つということがあります。そのため加齢臭がする方は、それまで以上にしっかりと身体を洗ったり、洋服をまめに洗濯するようにして、より清潔にするように心がけるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。