自分では気がつかない

加齢臭は、ニオイ自体が大きなデメリットではあるのですが、予防・対策次第ではある程度ニオイの軽減にはなるものです。ただ、加齢臭はそれ以外にもデメリットがあるものです。
それは、その加齢臭は自分では気がつかないケースが多いということです。自分が加齢臭を発している、強烈な嫌なニオイがするのと分かっていれば、毎日お風呂で綺麗に洗ったり、服も綺麗に洗ったり、もしくは消臭グッズでニオイを消すなどの対策ができるものです。ですが、それはあくまで自分でニオイがわかればこそできることです。基本的に、人間の嗅覚は鈍感であり、嫌なニオイがしてもそれに慣れてしまう傾向にあります。つまり、いつも同じニオイを嗅いでいると、そのニオイに気がつかなくなってしまうというわけです。そのため、常に自分から発せられている加齢臭に気がつかないのです。
しかも加齢臭は目で見えるものではありません。しかも、他人はたとえ加齢臭がしていたとしても「あなた臭いですよ」なんて事は言えないでしょう。そのため、周りに嫌なにおいをまき散らしているのに、自分では気がつかないのです。そのため、加齢臭はますます悪化してしまいますし、周りの方に多大な迷惑をかけてしまうのです。
自分で気がつかないのに対策をするというのはできません。もし家族がそれを指摘してくれるのであれば、怒らずに、気がつかせてくれたことに感謝しましょう。もし指摘してくれる人がいないのであれば、脱いだ服や枕などを嗅いでみるといいかもしれません。少しでも臭いと感じたら要注意です。

コメントは受け付けていません。